【ウトコオーベルジュスパ】チェックアウト~帰りの私鉄「しんたろう号」が楽しすぎる!!

シェアする

しんたろう号 やなせたかし

楽しかった「ウトコオーベルジュ&スパ」2泊3日の非日常トリップを終えました。

11時のチェックアウト時間に、事前にお願いしていた無料送迎車(早め予約が吉!)に乗って、奈半利駅へ。

ここから、飛行機を利用する人は「高知空港」、電車を利用する人は「高知駅」を目指すことになると思います。

このページでは、そんな、帰りの電車で体験した「私鉄 しんたろう号」についてご紹介したいと思います。
コレが凄かったのよ~~っ><

スポンサーリンク

やなせたかしデザインのキャラが

11時にウトコオーベルジュスパをチェックアウトした場合、

5873D(しんたろう1号)奈半利駅 12:05発 普通/後免行き

という電車に乗ることになります。

そこに現れたのが、冒頭写真の電車!
車体には、高知県出身のやなせたかしさんが、それぞれの駅すべてにデザインしたキャラクター達が。

奈半利駅

それらキャラ達は、いたるところに登場し、私たちの目を楽しませてくれます。

後免駅

「奈半利駅」の売店には、ピンバッジの販売も。
ピンバッジ大好きな私、何個かGETいたしました。

高知 私鉄 ごめんなはり ピンバッジ

オープンデッキでした!!!

そして何よりビックリしたのが、オープンデッキ車両だったこと。

室戸岬、太平洋沿いを走る電車なので、眺めを楽しめるように、ということでしょうか。

ごめんなはり オープンデッキ

土佐くろしお鉄道 オープンデッキ開放列車 案内

ちなみに、このオープンデッキ列車は以下3つ。

しんたろう号 やたろう号 オープンデッキ解放車両

後免方面行き
■5873D(しんたろう1号)奈半利駅 12:05発 普通/後免行き

奈半利・安芸方面行
■5864D(しんたろう2号)高知駅 10:19分発 普通/奈半利行き
*後免(10:39発)→奈半利間での解放
■5872D(やたろう2号)後免駅 14:03発 普通/安芸行き

私が乗ったのは、1つ目、しんたろう1号です。ウトコオーベルジュスパから帰る人はコレを利用する人、多いはず。

ごめんなはり オープンデッキ

…というわけで、もうわたし、奈半利駅を出発する前から(笑)オープンデッキに出て待機!

この電車は生活路線でもあるようで(というか、たぶんほとんどの人がそう…)、私(と写真に写ってるおじさん)だけが、はしゃいでました…。ほかの人は興味なさそうに車内に。

しんたろう号 やたろう号 オープンデッキ解放車両

ちなみに車内にも工夫がされていて、各駅での見どころが展示されています。

しんたろう号 やたろう号 オープンデッキ解放車両

電車が動き出すと、高知の山間部の景色、そして太平洋の迫力あるビューが次々と!

これに関しては↑動画で見ていただいた方がいいかも…

ごめんなはり線からの眺め

ハイ…

というわけで、めちゃくちゃはしゃいでしまった、ウトコオーベルジュスパからの帰路の様子、いかがでしたでしょうか。

ほんとに楽しいので、もしお時間に余裕があるようでしたら飛行機の方も、奈半利駅で送迎車を降りて、わざわざ乗ってみてもいいかもしれませんよ!

>>すべての記事は「ウトコオーベルジュ&スパ 宿泊記まとめ」のページからご覧くださいませ。

tap4楽天トラベルで予約するicon
tap4一休.comで予約する

tap4じゃらんパック JAL利用の方はコチラから
tap4じゃらんパック ANA利用の方はコチラから

スポンサーリンク

シェアする

フォローする