【OMO7大阪】寝っ転がって夜空も見える!有料の大浴場「湯屋」が最高でした…

シェアする

omo7 大浴場

湯屋内の写真だけ、プレスリリースの写真を使用しています。

新今宮駅すぐの場所…労働者の街 西成界隈に誕生したことでも話題の「OMO7大阪 by 星野リゾート」。

客室をご紹介した後は、大浴場「湯屋」について書いていきたいと思います!

ここ、公式サイトやリリースなんかでは、イマイチちゃんと紹介されていないのですが、すごく楽しかったのでお勧めですよ~。

公式サイト
楽天トラベル

スポンサーリンク

「湯屋」を楽しむ前に

持っていくと良いもの

さて、「OMO7大阪」の大浴場「湯屋」は、湯浴棟という宿泊棟とは別にある建物の中にあります。

というワケで、お部屋からはやや距離が。
「あ!あれ忘れた!」となると、結構めんどくさいので、持参するものは精査しておくのが吉です。

ライターのおすすめは、フロントの隣ある無料レンタルスペースの浴衣サンダル歯ブラシを使いたい方はそれも。
秋口~春先までは寒いので、自前の上着もあると寄り道も楽しめます。

omo7大阪 無料で借りられるもの

タオル、シャンプーやスキンケア類は湯屋にもあります。一般的な旅館やホテルと比較すると良い物が置いてあるかな~と思います。(竹炭!とか馬油!とかアレ系ではないって感じです。)

ただ、メイク落としは持って行った方がいいかなと思います。
ヘアゴムや綿棒、コットンなども気になる方は持参を。

そして、湯屋棟に入るためのカードキーもお忘れなく。

チケットが必要です

さて、準備が整ったらいざ湯屋へ。

まずはフロントにて、1000円のチケットを購入します。カードキーでは購入できませんので、お財布は持参してくださいね。そのまま湯屋に貴重品を持っていくのを避けたい方は1000円札を握りしめてどうぞ(笑)

omo7大阪 湯屋のチケット

チケットはペラペラのレシートですが、湯屋が空いている時間(15時~24時、そして朝6時~10時)は何度でも利用できるので、濡れて破れたりしないようご注意を。

いざ湯浴棟(湯屋)へ!

カードキー、チケット、そして浴衣やサンダル、アメニティー類をもって、いざ湯屋へ。

お目当ての場所は、ホテル棟の外にある「みやぐりん」↑というガーデンエリアの一部…というかそれに隣接する湯屋棟というグレーの建物です。

omo7 湯浴棟

場所的には↓この地図の左上の位置になります。

omo7大阪 OMOBASE 地図

カードキーをかざして解錠し、建物内に入場。

omo7 湯浴棟 入口

シューズロッカー(無料)に靴を預け、

omo7 湯浴棟 入口

先ほど購入したチケットのQRコードをかざして、湯屋に入場!
宿泊者、かつ、チケット購入者しか入れないよう2重のセキュリティーになってます。厳重~…。

omo7 湯屋 QRコード

浴場は、写真↓のように変わった作り。
「星のや軽井沢」や「星のや東京」にあるようなメディテーションバスにも似た風情で、天井が高く、そして広く、かつ照明が落とされた空間に小さな窓が開いています。

omo7 大浴場

湯屋内の写真だけ、プレスリリースの写真を使用しています。

大阪旅行で疲れた足に嬉しい大浴場…、「OMO7大阪」に宿泊された際はぜひ利用してみてくださいね!

omo7大阪 湯屋の無料アイス

551のアイスキャンデーも食べ放題です!(笑)

次回の記事では、ガーデンエリア「みやぐりん」を紹介したいと思います。

公式サイト
楽天トラベル

スポンサーリンク

シェアする

フォローする