【OMO5東京大塚】ご近所ガイドツアーに参加!大塚の街を案内してもらってみた

シェアする

OMO5 ご近所ガイド レンジャー

肉のハヤシ

「寝るだけでは終わらせない、旅のテンションを上げる都市観光ホテル」というコンセプトを掲げる「OMO5」。

そんな「OMO5」の大きな特徴の1つに、星野リゾートのスタッフさんが、ホテル周辺を案内する「ご近所ガイド OMOレンジャー」というサービスがあります。

このページでは、ライターが実際にそのガイドツアーに参加した時の様子をお届けしたいと思います。

スポンサーリンク

「ご近所ガイド OMOレンジャー」予約とか料金とか

まずは詳しい内容から。

「ご近所ガイド」の名の通り、大塚の街をガイドしてくれる「OMOレンジャー」。
実は、そのテイスト?によって5種類のコースがあります。(2019年現在)

ご近所ガイドOMOレンジャー お値段詳細

↑こちら、「おさんぽ(緑)」「昭和レトログルメ(黄)」「ニューグルメ(青)」「はしご酒(赤)」「ナイトカルチャー(紫)」の5つ。

お酒が好きな方は「はしご酒」ツアー、食べるのが好きな方は「ニューグルメ」「昭和レトログルメ」など、好きなコースを選ぶことが出来ます。

予約と料金について

「絶対に参加したい!」という方は、ホテルの宿泊予約時に一緒に申し込んでおくのが確実だろうな、と思うのですが、空いていれば当日予約でも問題ありません。

OMO5東京大塚 ご近所マップ

ご近所レンジャー OMO5 予約状況

私が宿泊した時には↑入口にあるMAPのあたりにも、予約状況が掲示してありました。

フロントに聞いてもわかるはずです。

料金は「おさんぽ」コース以外は、2時間1000円。
もちろん、ガイド中に街で発生する飲食料は含まれていませんのでご注意を。

「ご近所ガイド OMOレンジャー」体験レポ

…というワケで、以下、体験レポをば。
「おさんぽ」「昭和レトログルメ」「はしご酒」の3つに参加して参りました。

「おさんぽ」コースはこんな感じでした

まずは無料の「おさんぽ」から。

緑のレンジャーさんが担当です。

ご近所レンジャー

フロントのあるフロア、入り口すぐのMAPの前に集合して、みんなで一緒に出発。
(ちなみに参加人数ですが、私が参加した限り、2~4名くらいの場合が多かったです。)

この日は、駅の反対側にある「サンモール大塚商店街」に向かいました。

肉のハヤシ

1件目は「肉のハヤシ」。

ヒレカツ、赤身カツ、ロースカツなど、注文してから揚げたてがいただけるお店で、「お腹に余裕があるならぜひ」の声に思わずオーダー。

肉のハヤシ

店内の椅子に座ってカツをかじり、ロコを気取ります(笑)
美味しい!

肉のハヤシ

住所:〒170-0005 東京都豊島区南大塚3丁目55−1(グーグルマップで開く
電話:03-3971-0324

林精肉店

…そして2件目!

肉のハヤシさんの、ほぼお向かい?にある和菓子屋さん「千成もなか本舗」。

千成もなか本舗

こちらはその名の通り、「千成五色もなか」という商品が有名だそう。しかもひょうたんの形をしていてなんとも愛らしい。

千成もなか本舗 五色もなか

1個単位で購入出来たので、「うめ」味を買い食い。

千成もなか本舗 五色もなか

複数買いならぜひ箱入りで。パッケージもまたなんとも言えぬ愛らしさでしょ?

千成もなか本舗

ニコニコ親切な店員のおばあちゃんから、試食もいただいたりして。

大塚商店街 どらやき

あ、名物の「千成五色もなか」は、OMO5のお土産コーナーでも販売されていたので、本店に立ち寄るタイミングがない方はぜひそちらでも。

住所:〒170-0005 東京都豊島区南大塚3丁目54−4(グーグルマップで開く
電話:03-3982-6000
公式サイト

老舗の和菓子屋さんでホッコリした後は、「大塚の、隠れた夜景スポットにお連れします!」という事で、トコトコ徒歩数分…。

大塚から見るスカイツリー

↑たどり着いたのは、線路がまっすぐのびる先にスカイツリーが見えるスポット。

スカイツリーまでは直線距離で約8キロ。
東の方角にあります。

その時の様子は、動画でもぜひ。4分25秒からです。

「昭和レトロ」コースはこんな感じでした

さて、お次は「昭和レトログルメ」コースに参加した時の様子をお届けします。

「昭和レトログルメ」は、その名の通り、大塚で古くから営業している、ちょっとノスタルジックな感じのお店を回るツアー。

そんなツアーの1件目は…

大塚 富久晴

やきとん「富久晴ふくはる)」。

一人ではかなり入りづらいタイプのお店です。こういうところを気楽に体験できるのも、このサービスの良いところ。

大塚 富久晴

お店の中では渋い感じのお兄さんたちが、もくもくと調理していました。

大塚 富久晴

地元のお客さんに交じって、大人飲み。

住所:〒170-0005 東京都豊島区南大塚2丁目44−6 飯田ビル1F(グーグルマップで開く
電話:03-3941-6794

櫛2本、ちょいっとビールでエンジンをかけた後は2件目。ガッツリ行きましょう、ってことで…

天ぷら つづみ

天ぷら 大衆割烹「つづみ」へ。

サンモール大塚 てんぷら つづみ

ものすごく優しくお話好きなご夫婦が営む、むか~しながらの天ぷら屋さんです。

サンモール大塚 てんぷら つづみ

先ほどのお店とあわせて、それぞれ、「ちょっと一人じゃ入りにくい」だとか、「美味しい店が知りたい」という観光客に嬉しいラインナップですよね。

サンモール大塚 てんぷら つづみ

住所:〒170-0005 東京都豊島区南大塚3丁目52−3(グーグルマップで開く
電話:03-3982-8815

「はしご酒」コースはこんな感じでした

最後は、お酒好きな人に嬉しい「はしご酒」のツアーを。

1件目は、「女子はきっと大好き!」なテイストのお店「スモーク ビア ファクトリー NAMACHAん Brewing」。その名の通り、燻製+クラフトビールのお店です。

スモーク ビア ファクトリー NAMACHAん Brewing

お店に併設される形でビール醸造所がある、ちょっとスペシャルな飲み屋さん。

スモーク ビア ファクトリー NAMACHAん Brewing ビールメニュー

こだわりのビールメニューには、それと合うお料理の案内もあったりして、楽しさ倍増。

ライターは、燻製料理もかなり気に入ってしまい、帰りにはオリジナルのナッツまでお土産に買ってしまいました。

住所:〒170-0005 東京都豊島区南大塚1丁目60−19(グーグルマップで開く
電話:03-3942-0180
公式サイト

よい感じでお腹が落ち着いた後は、大塚の街らしく日本酒がオススメだという「地酒や もっと」へ。

OMO5 ご近所ガイドOMOレンジャー レッド

住所:〒170-0005 東京都豊島区南大塚2丁目44−2(グーグルマップで開く
電話:03-3946-6008

この日は、私と友人、そして20代、40代の男性というそれぞれ知らぬもの同士のツアーだったのですが、ビールや日本酒を楽しみながら、いろんなお話で盛り上がりました。

地酒やもっと

新しい出会いとしても機能するサービス、面白いです。

地酒やもっと

…と、最後に、皆さん気になってるかと思うのですが「OMOレンジャーさんは、飲み食いしないの?」というお話についても触れておこうかなと思います。

私も気になったので、「レンジャーさんは飲んだらダメなんですか?やっぱり。」と伺ったところ、「皆さんが許して下さるなら飲みます!」とのこと。
その場合、レンジャーさんの飲食代は、参加者みんなでワリカンになります。

この日も「それならぜひぜひ!」という事で、その場の全員で美味しいお酒を楽しみました。

地酒や もっと

このあたりも、星野リゾートが「OMO」ブランドのコンセプトとして掲げる「まったく新しいタイプのホテル」「新しい宿泊体験」「旅のテンションをあげるホテル」の一部なんだと思います。

その街だけの楽しさや美味しさを、OMO5ならではの目線で紹介してくれる「ご近所ガイド OMOレンジャー」。
みなさまもぜひ!
詳しくは公式サイトからもご確認いただけます。

どうしてもその時間がない、という方は、このページでコソッとご紹介したお店に直接訪ねるのもイイかも(笑)
↑MAPにしましたので、ご活用くださいまし。

さて次回は、「OMO5東京大塚」内のカフェでいただく美味しい朝ごはんについて!
おすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする