【OMO5 東京大塚】ホテル内「OMOカフェ」を楽しむ!宿泊者以外も利用OK

シェアする

ヴォロヴァンを給仕するスタッフさん

今回の旅で、施設の中で一番お気に入りの場所となったのが、4Fのレセプションフロアにある「OMOカフェ」です。

コチラ、宿泊者だけでなく、時間帯によってはだれでも利用できるカフェ。

オモカフェ

オモカフェ店内

お洒落朝ごはんカフェタイム、そして夜はクラフトビールを楽しむBAR
電源、Wifi完備なのでノマドワーカーにも嬉しいOMOカフェ。

いろんな使い方をご紹介したいと思います!

OMOカフェ 公式サイト

スポンサーリンク

OMOカフェ 基本データ(住所、営業時間etc)

OMOカフェは、「星野リゾート OMO5 東京大塚」内、レセプションフロア↓にあります。(ビル4F)

OMOベース

住所:〒170-0004 東京都豊島区北大塚2丁目26-1グーグルマップで開く

営業時間

朝ごはんタイム 7:00~10:30
カフェタイム 10:30~14:00
バータイム 14:00~24:00(ラストオーダー23:00)

ホテル4階にて毎日営業

オモカフェ店内

朝ごはんの様子

OMOカフェは朝からスゴイ。

このスペースのアイコン的なメニューである、フランス式朝ごはん「ヴォロヴァン」がいただけちゃうのです。

omo5 朝食 ヴォロヴァン

「風のように軽い」という意味を持つ「ヴォロヴァン(Vol-au-vent)」は、その名の通り、サックサクのパイ生地をくりぬき、その中に様々な具材を入れたお料理です。

種類は、都度3~4種類くらいがマイナーチェンジしつつ展開している様子。

ヴォロヴァン

早い時間は空いていることが多く、大塚の街を眺めながらお友達、もしくは一人でゆっくりとできて最高です。

お昼の時間に近くなると↓人が増えてくるので、ぜひ早起きを(笑)

星野リゾートOMO5東京大塚 カフェの様子

カフェタイムの様子

ランチにも利用できるカフェタイムは10:30~14:00。

omo cafe スイーツメニュー

実は、さきほどご紹介したヴォロヴァンもオーダー可能です。
珈琲を飲みながらスイーツを食べるのもおすすめですし、ちょっとした打ち合わせにもいいんじゃないかと。

オモカフェスイーツメニュー

ショーケースには、おいしそうな焼き菓子だけでなく、おかず系キッシュなんかもありました。

オモカフェスイーツメニュー

バータイムの様子

実はお酒も楽しめるOMOカフェ。

星野リゾートOMO5東京大塚 カフェの様子

ウイスキーやウォッカ、ジン、ワイン、ソフトドリンクも各種揃っていますが、よなよなエール、東京black、水曜日の猫、インドの青鬼 IPA…などのクラフトビールの品揃えが素晴らしいです。

OMO-cafe ドリンクメニュー

おつまみメニュー(↓写真は2019年撮影)も色々とありましたので、一緒にオーダーがおすすめ。

オモカフェ おつまみメニュー

…という事で私もビールとピクルス、そしてリエットが添えられた雷おこし…という変わったメニューを合わせて楽しんでみました。

オモカフェ よなよなビール

オモカフェ おつまみメニュー

OMOカフェの営業は24時までですが、宿泊者であればその後も滞在する事が可能ですので、結構ダラダラと仕事したりして(笑)

オモカフェ よなよなビール

当たり前ですが、遅い時間はほとんど人がいないので、作業にも集中できます。

OMOベース

…というワケで、いかがでしたでしょうか。OMOカフェ。

ビルの4F+ホテル内ということもあり、意外と穴場です。前述しましたが、お仕事の打ち合わせにも使いやすい。(そもそも大塚で打ち合わせあるか?っていうのは置いといて・笑)

みなさまもぜひ!

*営業時間、メニュー、お値段は変更している可能性がありますので、お出かけの際は、公式サイトから最新情報をチェックしてくださいませ。


さて次回は、「OMO5東京大塚」で買える、東京土産、大塚土産について。
OMO5オリジナル商品なんかもあっておすすめですよ!

プロダクトチョイスも「さすが星野リゾート!」なセンスでした。

OMO5を予約する(オフィシャルサイト)
OMO5を予約する(エクスペディア)
OMO5を予約する(楽天トラベル)icon

スポンサーリンク

シェアする

フォローする