【ウトコオーベルジュスパ】最寄駅、アクセスは?無料送迎は早めに頼むべし!

シェアする

土佐くろしお鉄道 眺め

高知県の最北端、室戸岬のさきっぽに位置する「ウトコ オーベルジュ&スパ」。

星野リゾートの施設の中でも、女性に大人気のホテルです。

この特集では、そんなウトコの宿泊記を事細かにお届け予定!

第1回目の今日は、アクセスについてご紹介したいと思います♪

スポンサーリンク

ウトコオーベルジュ&スパ 住所と特徴

今回の目的地である「ウトコオーベルジュ&スパ」は、「高知県 室戸岬」にあります。

室戸岬の大自然を存分に楽しめる、素晴らしい立地。
魚や柑橘類が有名な高知県で食事がおいしい上に、海洋深層水が有名なためスパ施設も充実。

まさに「オーベルジュ&スパ」!
なのです♪

電車アイコン…「高知駅」アイコン…「高知空港」 駅アイコン…「奈半利駅」 アイコン…「ウトコオーベルジュスパ」

飛行機でのアクセス

飛行機を利用する場合、最寄りの空港は「高知空港アイコンになります。
愛称は「高知龍馬空港」!

そのあとは、施設提供の「無料送迎バス」を利用してウトコオーベルジュ&スパアイコンへ向かいます。

無料送迎バス

無料送迎バスは1日1本。

高知空港 13:00発 → 奈半利駅 14:15発 → ウトコ 15:00着

になります。(2016年11月現在。変更の可能性があるので、随時公式サイトでご確認を。)

ウトコのプレートを持ったスタッフさんが、到着ロビーまで来てくれます。

4日前までに予約が必要ですので、日程が決まり次第、電話して予約しておくのがいいと思います!
(実際、無料送迎バスの予約が思ったより締め切り早くて困った…と言っていた方がいらっしゃいました。)

電車でのアクセス

電車の場合は、「高知駅」電車アイコンから最寄り駅「奈半利駅」駅アイコンを目指します。

東京、博多など、新幹線を使う場合

==(新幹線)==「岡山駅」==(特急南風 約2時間半)==「高知駅」==(土佐くろしお鉄道 約1時間半)==「奈半利駅」==(無料送迎バス 約40分)==「ウトコオーベルジュ&スパ」

四国内から向かう場合

==(特急しまんと もしくは特急南風)==「高知駅」==(土佐くろしお鉄道 約1時間半)==「奈半利駅」==(無料送迎バス 約40分)==「ウトコオーベルジュ&スパ」

.
電車で向かう場合も、最寄り駅「奈半利」から「無料送迎バス」を利用するのが吉です。
前述したとおり、1日1本。予約も早めに!

奈半利駅 14:15発 → ウトコ 15:00着

詳しくはこちらで。

…というわけで、ウトコオーベルジュ&スパへ向かいます

さて、ここからは私の体験レポを。

今回は電車を利用し、「高知駅」から「奈半利駅」、そして無料送迎バスにて施設に向かいました。

高知駅から「土佐くろしお鉄道」に乗り込みます!

土佐くろしお鉄道は、かな~~りローカルで風情のある路線。

後免駅

高知県出身の漫画家「やなせたかし」さんによって、各駅のキャラクターがそれぞれ設定され、それが看板になっていたり…そんな見どころもある鉄道なんです!

土佐くろしお鉄道 眺め

高知県の海岸線、太平洋を見ながら進む…なんてすばらしい景色!

土佐くろしお鉄道 眺め

というわけで、高知駅から最寄りの「奈半利駅」まで約1時間半。

到着です!

奈半利駅

余談ですが、奈半利駅のキャラは「なは りこちゃん」。

奈半利駅 ショップ

売店には、各駅のキャラクターピンバッジが売られていますので、ぜひお土産に。
(もちろん私も買いました。ピンバッジマニアだもんで…)

土佐くろしお鉄道 ピンバッジ やなせたかし

「奈半利駅」からは無料の送迎バスで。

ショップをうろうろと物色していると、ウトコのプラカードを持ったスタッフさんに声をかけていただき、送迎バス(実際はタクシーで、客は私たちのみ、でした。)に乗り込みます。

運転手さんは施設専属の方なので、ただ送迎してくれるだけでなく、室戸岬の見どころや、ランチのおすすめなどについてガイドして下さいます。

室戸岬

土佐くろしお鉄道も含め、ただの移動時間…と思っていた数時間が、ちょっとしたイベントのように楽しい!

ウトコオーベルジュスパ

…というわけで、「ウトコオーベルジュ&スパ」に到着しました♪

次回は、こちらの客室について詳しくご紹介したいと思います。
お楽しみに!

>>すべての記事は「ウトコオーベルジュ&スパ 宿泊記まとめ」のページからご覧くださいませ。

tap4楽天トラベルで予約するicon
tap4一休.comで予約する

tap4じゃらんパック JAL利用の方はコチラから
tap4じゃらんパック ANA利用の方はコチラから

スポンサーリンク

シェアする

フォローする